MDSについて

あなたと共に「民主主義的社会主義」を

MDS(民主主義的社会主義運動)は2000年8月に発足した。MDSはグローバル資本主義の支配に対し、民主主義的社会主義を変革目標に掲げて闘う。

週刊MDS

週刊MDS1676号

1677号主張 民意は コロナから命を守れ 五輪は直ちに中止決定せよ

直近の世論調査(5/22東京新聞)では、中止が6割以上を占めた。都内の市町村議132人は、感染拡大防止と医療崩壊の回避、生活困窮者や事業者救済を徹底するため五輪中止を求める緊急要請書を首相・都知事らに提出し声を上げた。
 今やるべきは、中止を決定し、検査と医療拡大、補償に全力をあげることだ。
6月11日のZENKO(平和と民主主義をめざす全国交歓会)中央省庁要請行動で、悪法阻止、東アジアの平和、五輪でなく命とくらしを守るコロナ対策を要求し、菅政権の政策転換を迫ろう。

コロナワクチン接種の加速化/強制・同調圧力でなく追跡調査、情報開示を

辺野古名指しの杉田発言
重要土地調査規制法案をめぐり、自民党の杉田水脈(みお)衆院議員は、5月21日衆院内閣委員会で名護市辺野古の新基地建設反対運動を名指しして取り締まるよう促した。杉田は「(基地の)フェンスに結ばれたリボンや、ガムテープで留められた横断幕、派遣された人びとに支給されている弁当のゴミなどが風に飛ばされ、基地の中に入ることも十分考えられる」と基地機能阻害の例として上げた。…