MDSホームページに戻る
週刊MDSトップに戻る

過去の記事(2000年5月〜)





連載記事



キーワード

キーワード(表示されるのは一部の記事です)
【1657号の記事】[2021年01月15日]

主張
●1657号主張 緊急事態宣言で命は守れない 今 医療・補償に財政出動を

2〜3面
●新型コロナ/医療現場から悲痛な叫び/医療崩壊回避へPCR大幅拡充と財政出動を

●18の政策とは/第1回/日本国憲法(2)/憲法改悪を阻止し3大原理を実現する 自衛の名で派兵・戦争

●MDS コロナ危機を克服し社会を変える18の政策 教育 誰もが教育の機会を保障される社会へ 鍵は教育の完全無償化

4〜5面
●生存権を守るたたかいにつなげよう コロナから命くらしを守る関東交流会

●年末コロナ禍 足立たすけあい村=uこれで年が越せる」と250人 政府・都の無策許せぬと協力

●無事に年越しさせろ!菅・松井・吉村 ヤメロ!御堂筋デモ

●暮らしを優先する市政へともに 検査拡大訴える山本よし子さん/大阪府茨木市

●PCR検査 厚労省連絡を生かせ 京都市・府へ申し入れ

●MDS神奈川集会―私がMDSに加入した理由 大人としての責任を果たすため

●関電前大みそかアクション/「核兵器禁止条約」発効を力に原発なくそう

●関西生コン弾圧許すなと元旦行動 無罪判決を勝ちとる年へ

6〜8面
●地上げ屋か サラ金の取り立てか/住宅退去の督促 親族に迫る福島県/避難者らが抗議の記者会見

●非国民がやってきた!(346)私の中の植民地主義(12)

●議会を変える 大阪府 憲法いかそう茨木市民の会 山本よし子 大型開発よりコロナ対策を

●植民地主義それ自体の問い直しへ/女性国際戦犯法廷20周年シンポジウム/ 未来につなぐ次世代の活動

●〈読書室特集〉菅政権のデジタル化戦略/超絶監視が民主主義を殺す/商品化され支配される個人

1面写真 大型開発より今コロナ対策を(12月25日 大阪・茨木市)
1月17日の市議会議員選挙告示を前に「命を守る市政に」と訴える「憲法いかそう茨木市民の会」山本よし子さん。


【1656号の記事】[2021年01月01・08日]

主張
●2021年 菅政権追いつめるとき  民主主義的社会主義へ

2〜3面
●コロナ危機―グローバル資本主義の醜さあらわに/民主主義的社会主義へ政策掲げ支持広げる/MDS佐藤和義委員長に聞く

4〜5面
●なにがなんでもマイナンバーカード/資本の要請デジタル経済≠ノ応える菅政権

●MDS18の政策とは/第1回/日本国憲法(1)/憲法改悪を阻止し3大原理を実現する 9条丸ごと失効狙う自民改憲案

●沖縄新基地土砂投入2年/沖縄ドローンプロジェクト分析担当責任者奥間政則さんに聞く/ゆるぎない気持ちをもって闘う土木技術者/無関心から目覚め、今や生きがい

6〜7面
●コロナ感染症に無策/菅政権を退陣に追い込もう 800人で怒りぶつける

●茨木市議選勝利し、維新政治を絶対止める/市民一人一人の主体的行動が勝利の鍵/山本よし子とともに進もう・市民のつどい

●初めて取り組んだ署名活動 リコールには届かなかったが諦めず市民の思いぶつける 横浜市

●大田区と3回目の交渉/区民の声を直接届ける/PCR検査費補助で前進/年末年始の医療体制 不安

●コロナ禍の中でも安心して働ける職場を作る 高齢者・障がい者施設に大切なのは予防措置だ

●自分の気持ちを出して仲間にMDSを語る/MDS東京・三多摩地域集会

●避難者の実家に福島県が嫌がらせ 人権侵害は直ちにやめろ

8〜9面
●菅政権 コロナ理由に兼業のススメ/実態は低賃金・細切れ労働

●若者使い捨てと闘うワツコ争議/試用期間解雇を撤回せよ

●辺野古 設計変更不承認 裁判勝利へ 対沖縄県・政府交渉で回答迫る ジュゴン保護キャンペーンセンター(SDCC)共同代表 蜷川義章

●医療機関は財政逼迫 政府は至急減収補填を―SaveMedSaveLivesプロジェクトと交流―

10〜12面

●食の支援 コロナ禍で高まる フードパントリーの意義

●未来への責任(313) 技能実習制度と強制労働

●ドクター 危ないコロナ抗原定性検査

●NHKキャスターに降板説/「学術会議」質問に菅激怒

●コロナが浮き彫りにしたこの国の姿/失業・収入源に苦しむ女性たち/生存権を奪う「7割非正規」

●読書室/京大よ、還せ 琉球人遺骨は訴える/松島泰勝・山内小夜子編著 耕文社 本体1700円+税/植民地主義を問う返還裁判

1面写真 コロナ無策の菅政権は退陣だ(12月19日・国会議員会館前)
コロナ感染急拡大の中、2020今年最後の総がかり議員会館前行動に800人。医療崩壊許さず政治を変えようと看護師も訴えた。